ロゴ

第111回糖尿病教室|<板橋区成増>内科・糖尿病・甲状腺の事なら「かとう内科クリニック」までお問い合わせください。

かとう内科クリニック
第111回糖尿病教室
日時 2016年12月17日(土)
テーマ 糖尿病の検査〜主に合併症に関する検査
糖尿病の三大合併症および脂質異常症、高血圧症、動脈硬化症の検査方法について
一 糖尿病性神経障害
神経伝達速度、心電図によるCVR-Rの測定などがあります。
神経障害は自覚症状により診断可能ですので、診察の際にお伝え下さい。
二 糖尿病網膜症
眼科にて定期的に眼底検査を受ける必要があります。お近くの眼科医を紹介致します。
三 糖尿病性腎症
尿検査にて尿中微量アルブミン、尿蛋白の検出を行います。また、採血にてクレアチニンを測定することにより、腎機能低下の程度を調べ、腎血流量(eGFR)の推計を行います。
四 脂質異常症
悪玉コレステロールのLDL-Cや善玉コレステロールのHDL-Cと中性脂肪を採血し、個々人のリスクにより治療目標を設定する必要があります。
五 高血圧症
二次性高血圧症を否定するためのホルモン採血を行い、本態性高血圧であれば毎日血圧測定を行います。夜間血圧が高い場合には特に注意が必要です。
六 動脈硬化症
大動脈脈圧測定や頚動脈エコーにて検索します。特に頚動脈エコーは手軽に動脈硬化を測定でき、脳梗塞の原因でもあるプラークを直接検索することができます。
以上のような検査を行い、病態を把握して治療方針を検討することになります。