ロゴ

第113回糖尿病教室|<板橋区成増>内科・糖尿病・甲状腺の事なら「かとう内科クリニック」までお問い合わせください。

かとう内科クリニック
第113回糖尿病教室
日時 2017年2月18日(土)
テーマ 糖尿病の治療2〜運動療法について
糖尿病の治療においては食事療法と運動療法が根幹をなします。たとえ薬物療法が開始された場合でもその重要性は変わりません。
・運動療法について
一 効果
運動療法の効果は、血糖を下げる効果、脂肪を燃やす効果(肥満予防)、動脈硬化の予防効果、ストレス解消の効果、生活の質の改善効果、骨粗鬆症の予防効果などがあります。
最も重要な効果は「インスリンの働きを良くする効果」です。
これらの効果は、継続することにより現れますので、飽きずに続けられるような運動を選択しましょう。
二 運動制限
運動制限が必要な場合もありますので医師とご相談下さい。
@ 糖尿病網膜症と診断されている方(眼底出血があれば運動禁止)
A 糖尿病性腎症と診断されている方
B 尿中のケトン体が陽性の方
C 血圧が180/110mmHg以上の場合
D その他体調不良の場合(発熱、動悸、めまい、低血糖症状のある時)
朝夕食後に30分ずつの散歩がお勧めですが、継続することが大切ですので、自分のなかで無理のない散歩の時間を作り出してください。